会社概要

2015年7月17日現在

1957年12月 大田区大森西4-1-5に「科研塗料株式会社」として創業。資本金100万円。
1969年7月 ウレタン塗膜防水材「ウレシール」を上市。
1976年9月 埼玉県久喜市に工場を新設し、ウレタン塗膜防水材の本格生産を開始。
1979年8月 久喜工場、屋根防水用塗膜材のJIS A 6021の工場認定を取得。
1982年9月 旭硝子(株)と明和産業(株)が当社株式を引受け。
1984年8月 ウレタン塗膜防水材「サラセーヌ」を首都圏で先行上市。
1984年11月 「サラセーヌ」の全国販売を開始。
1985年2月 資本金5000万円に増資 増資分1000万円を旭硝子(株)が引き受け筆頭株主になる。
1985年5月 フッ素樹脂系保護仕上材「サラセーヌTL」(現・サラセーヌTフッ素)上市。
1987年4月 北海道、東北地区の販売店・施工店を糾合し、「東北サラセーヌ工業会」 を設立。
1988年1月 「サラセーヌ」の販売を旭硝子(株)東京支店ウレタン課から旭硝子コ−トアンドレジン(株)(旧社名:ボンタイル(株))に移管。
同月、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法「サラセーヌAV工法」を上市。
1988年6月 首都圏の販売店・施工店を糾合し、「サラセーヌ工業会」 を設立。
1990年2月 超速硬化ウレタン吹付けシステム「サラセーヌS」シリーズを上市。
1990年4月 北海道地区の販売店・施工店が「東北サラセーヌ工業会」から独立し、「北海道サラセーヌ会」を設立。
1991年10月 創業35年を迎える。社名を「科研株式会社」に変更。
1993年6月 九州地区の販売店・施工店を糾合し、「九州サラセーヌ工業会」を設立。
1993年9月 サラセーヌ工業会会員の中堅社員を対象に「サラセーヌカレッジ」を開講。
1994年6月 近畿、中国、四国、沖縄地区の販売店・施工店を糾合し、「関西サラセーヌ工業会」を設立。
1995年4月 「サラセーヌカレッジ」が東京都の職業訓練校に認定。
ウレアセラミック系・水系硬質ウレタン塗り床材「ミルクリート」を上市。
1995年6月 久喜工場に生産管理棟を新設。
2000年4月 科研(株)を母体に、旭硝子コートアンドレジン(株)のサラセーヌ営業部門と旭硝子(株)の研究開発部門を統合し、資本金を2億円に増資、社名を「旭硝子ポリウレタン建材株式会社」に変更。
2001年3月 環境対応防水工法「サラセーヌRE」シリーズ(現・サラセーヌECOの前身)を上市。
2001年8月 中部地区で「中部サラセーヌ工業会」を設立し、工業会の全国展開を完成。
2005年2月 サラセーヌ工業会会員の施工技術の向上を目的として「サラセーヌスクール」を開講。
2006年3月 三井化学産資株式会社からウレタン防水事業を譲渡される。
超速硬化ウレタン吹付けシステム「リムスプレー」及び「エコガード」により、ウレタンスプレー市場に本格参入。
2006年5月 ISO14001認証を取得し、EMS(環境マネジメントシステム)を構築。
2007年4月 超速硬化ウレタン吹付けシステム「サラセーヌS」を「リムスプレー」に統合。
社名を「AGCポリマー建材株式会社」に変更。
2007年7月 OHSAS18001を自己適合宣言し、OHSMS(労働安全衛生マネジメントシステム)を構築。
2008年8月 新JIS認証登録。
2010年3月 本社を東京都中央区日本橋人形町に移転。