AGCポリマー建材は、環境問題に正面から向き合い、環境に優しい製品の開発、提供に努めています。 また、製品ばかりでなく、作業者や居住者の健康や生活を守るための施工環境改善、さらには、建築物のライフサイクル・コストの削減、企業活動における地球温暖化の防止、環境負荷の削減など、持続可能な社会を実現するためのさまざまな取り組みを着実に実行しています。

AGCポリマー建材の環境方針

理念

優れたウレタン建築・土木用資材の生産・販売を通じて、構築物の保護と耐久性を向上することにより、人々の生活環境の向上を図っているとの自覚のもと、地球環境の保全、環境との調和を前提として、あらゆる事業活動において環境保全に配慮し、継続的な環境負荷の削減と環境汚染の予防に努めます。

方針

  1. 環境マネジメントシステムに基づき、PDCAサイクルを確実に実行することで環境パフォーマンスの向上とシステムの継続的な改善を推進します。
  2. 省資源、リサイクル、廃棄物の削減に努め、環境負荷低減と汚染の予防を図ります。
  3. 環境に関する法令、条例等の遵守を徹底します。
  4. 地域社会及び一般社会とのコミュニケーションに努め、また、 社内の良好なコミュニケーションにより、透明性を確保します。
  5. 環境影響を考慮した製品の開発と普及に努めます。

環境マネジメントの取り組み

AGCポリマー建材は2006年5月にISO14001認証を取得し、AGCグループとしてEMS(環境マネジメントシステム)を運用しています。省資源、リサイクル、廃棄物の削減に努め、PDCAサイクルによる継続的な環境負荷低減と汚染の防止を推進しています。


ISO14001認証書


AGC環境貢献賞を受賞

環境対応製品の開発と普及


環境対応型ウレタン
防水材システム認定マーク

日本ウレタン建材工業会認定の環境対応型ウレタン防水材システム「サラセーヌECOシリーズ」をはじめ、環境にやさしい製品の開発と普及に努めています。

F☆☆☆☆表示への対応

建築基準法では、シックハウス対策としてホルムアルデヒド放散量による等級区分を表示しています。ランクはF☆からF☆☆☆☆までがあり、F☆☆☆☆は放散量ゼロか微小なため使用制限がない建材を意味しています。
AGCポリマー建材では、規制対象品目である塗り床材はもとより、規制対象外である防水材についても、より安心してご使用いただけるよう、主要製品にはF☆☆☆☆を表示しています。